時計に偉大な夢想家サントスの名前を付けました

1904年、カルティエは、サントスが両手で飛行機を操作しながら時間を確認できることを保証した最初の近代的な時計を作成し、時計に偉大な夢想家サントスの名前を付けました。

    カルティエサントスドゥカルティエウォッチの破壊的なデザインは、当時の希少なレザーストラップ、大胆なスクエアデザイン、露出したネジのデザインを使用して、懐中時計の着用者を制限します。解放されました。 1906年、サントスはこのオーダーメイドの時計を身に着け、有名な14bis複葉機を運転し、21.5秒で220メートルを飛行し、世界記録を破りました。この新しい手首は、サンダス氏を助け、空を征服し、理想を昇華させ、リゾートの引力を引き付けるなど、一連の並外れた夢を完成させました。すべての大胆不敵な精神はカルティエサントスドゥカルティエウォッチに完全に表示されます。

    それ以来、カルティエサントスドゥカルティエウォッチは、この偉大な夢想家のあらゆる探索と飛行に付随してきました。今日のサントスドゥカルティエカルティエサントスは、オリジナルの「シンプルで実用的で革新的な」クラシックデザインを維持し、多くのエレガントな紳士を惹きつけ、自由と大胆不敵な態度を見せています。

古典に忠実、継続的な革新と変化
     1世紀以上にわたり、サントスドゥカルティエウォッチは時間とともに進化し、時間とともに進化してきました。革新と先駆的な精神を反映したデザインと機能のブレークスルーを備えています。

    今年、サントスドゥカルティエの時計コレクションは、ジュネーブの展示会で測定記録用のクロノグラフを発表し、クラシックな時計にタイミング機能を追加し、新しいデザインの現代的な外観を追加しました。ブランドは合計18Kローズゴールドシェルバージョン、18Kゴールドとスチールミックス、ADLCカーボンコーティングとスチールミックスアンドマッチバージョンを発表しています。

エレガントで雰囲気のあるデザイン
    サントス時計の最もクラシックなデザインである、8本のネジを備えた非常に目立つ正方形のデザインです。新しいカルティエサントスドゥカルティエウォッチは、これまでの細部とは異なり、時計のベゼルが上下に延びてブレスレットに接続されているため、より広くて雰囲気のある視覚効果が完璧にフィットします。カルティエサントスドゥカルティエウォッチの紳士スタイル。

    ケースとラグの間には、わずかに湾曲した曲率があります。これは、着用者の手首にフィットし、快適な装着感を高めるように人間工学的に設計されています。新しいカルティエサントスドゥカルティエウォッチは、幅43.3 mmの特大サイズで設計されています。 3つの独立した仕切りパネルが白いブラシダイヤルに設定され、各ラウンドダイヤルは、正方形のダイヤルのブラッシングプロセスと視覚的に対照的なカタツムリパターンで装飾されています。

挑戦を恐れない創造的なデザイン
    カルティエサントスドゥカルティエウォッチのランチャーは非常に特別で、従来のクロノグラフとは異なり、タイミング操作を完了するためにボタンを1つ設計するだけで、ゼロリターン機能がリューズを介して直接動作します。

    今年のSantos時計のストラップのデザインも非常に優れており、昨年、カルティエが特許取得済みのQuickSwitchテクノロジーとSmartLinkテクノロジーを適用したことで、着用者が工具なしでストラップを調整/交換できるようになりました。今年、このブランドはボタン型のスイッチ機構を追加し、この機構はラバーまたはクロコダイルレザーストラップに使用され、全体的な快適性を高めるために軽いシートが装備されています。

安定した信頼できる移動力
    この新しいカルティエサントスドゥカルティエウォッチには、カルティエの有名な1904-CH MCワークショップの洗練されたムーブメントが装備されています。

    カルティエが2013年にクロノグラフを発表したとき、このムーブメントには2つのバレル、ガイドホイールコラム、垂直クラッチ、および制御と調整のためのリニアリターンハンマーが装備されています。タイミング機能の高度なメカニズム、最大48時間のパワーリザーブ。コラムホイールの構造は非常に複雑で、時計製造プロセスの要件はより厳しいため、高級時計製造のシンボルの1つとして宣伝されています。

ポルトフィーノシリーズは、常にIWCウォッチコレクションで最も人気のあるモデルの1つです

ポルトフィーノシリーズは、常にIWCウォッチコレクションで最も人気のあるモデルの1つです。昨年の建国150周年を記念して、ポルトフィーノシリーズは3つの新作も発表しました。これらはすべて、複雑な塗装プロセスによって作成されたホワイトまたはブルーのラッカーダイヤルを備えたアニバーサリースペシャルエディションシリーズの統一デザインで設計されています。 。これらの時計は現在でも非常に人気があり、多くの人々がそれらを購入しています。このクロノグラフはより価値のある選択肢の1つです。

       3つの新しいポルトフィーノ「150th Anniversary」ウォッチは、大きな3ポイント日付表示、タイミング機能、ムーンフェイズウォッチです。時計の家は長い間クロノグラフ機能(モデル:IW391023)を得ることができましたが、すでにそのエレガントな魅力、非常にレトロな丸いタイミングボタンを感じています。

       この時計は、クロノグラフ機能と曜日と日付表示を備えた42mmのステンレススチールケースを備えています。通常のポルトフィーノクロノグラフウォッチと違いはありませんが、特別な特徴は、ダイヤルが青と白の色のラッカー仕上げのダイヤルを備えていることです。自然にいっぱいになるため、プレートの効果に少し近づきます。 IWC 79320自動巻きムーブメントを搭載しています。また、各色は2,000個に制限されています。

      クラウンと2つのボタンは、スチールクラウンの上部にクラウンがあり、側面に滑り止めのテクスチャがある円筒形です。青い漆塗りの文字盤は、エナメル文字盤のように漆塗りです。文字盤のレイアウトは合理的で、読みやすくなっています。棒状の時間マーカー、および柳ポインター。周囲に白い転送分ダイヤル。曜日と日付の3時の位置が表示され、6時が1時間ごとのダイヤル、9時がスモールセコンド、12時が30分カウンタです。時計の150周年には、44時間のパワーリザーブを提供するCal.79320自動巻きムーブメントが刻まれています。

スイスの時計業界の傑出した代表者であるジャケ・ドローは、その優れた時計製造と職人技で高く評価されており

2019年6月19日、ジャック・デルロは北京安和ホテルで2019年新製品発表会を開催しました。 Swatch Group China Management CommitteeのCEOであるChristian Lattmann氏、Jacques Rodriguezの副社長兼セールスディレクターであるMarc Aellen氏、Jacques de Rodriguezの副社長であるLu Xingwei氏が新製品を発表するためにサイトを訪れました。

       記者会見で、新しい時計が発表され、多くの新製品が発表されました最も目を引くのは、ジャック・ド・ロドリゲスの新しい傑作、28 Koi Magic Lotus(赤と白)の限定版でした。

       マジックロータスオートマトンは、人生と永遠のライフサイクルを称賛しています。この自動人形作業は、4分以上続くイベントに使用できるまったく新しい内部設計およびアセンブリメカニズムを備えています。禅の庭の優雅さと静けさを示すために、ゴージャスな自然主義ドラマが徐々に展開されます。

       ジャケ・ドローは、新しい自動人形時計のハスを通してこの時代を超越したリハーサルを行うことにしました。 4つの蓮は、季節のさまざまな段階を表す4つの季節またはモンスーンを表しています。

       このkoは、金の素材を使って職人によって手彫りされ、水に浮かぶ活発なハスを反映しています。花びらはマザーオブパールで作られており、花のコアはユニークな動きを特徴としています:ハスが1時間、ディスプレイパネルの下、またはハスの葉の下に漂うたびに、新しい宝石が表示され、サファイア、イエローサファイア、ルビーが織り交ぜられています。 。このデザインは、同じ宝石が異なるサイクルで同じ位置で繰り返されないように設計されています。したがって、川が流れると、蓮の花は静かに変化しない方法で4回色が変わり、同じ宝石が連続して表示されることはありません。

       スイスの時計業界の傑出した代表者であるジャケ・ドローは、その優れた時計製造と職人技で高く評価されており、古典的なエナメルのデザインと現代の職人技を専門としています。ブレンドの完璧な仕事。ブランドによって作成されたすべての時計には独自のストーリーがあり、魅力的なストーリーでは、変わらないものは一貫した誠実な心です。

ロレックス時計 シードゥエラー 126600

機械 自動巻き
材質名 ステンレス
ブレス・ストラップ ブレス
タイプ メンズ
カラー ブラック
外装特徴 回転ベゼル
ケースサイズ 43.0mm
機能 デイト表示
ヘリウムガスエスケープバルブ

1967年にROLEXが発表した伝説的なプロフェッショナルダイバーウォッチの「シードゥエラー」。
50周年を迎えた2017年に初代モデルの意匠を受け継ぎ、文字盤6時位置の「SEA-DWELLER」の文字を赤色で表記して復刻されました。

直径43mmのケースには新たに14件もの特許を取得し、新開発の脱進機のクロナジーエスケープメントを装備した上で70時間ものロングパワーリザーブを確保した自社開発キャリバー3235を搭載します。
またケースサイドにはシードゥエラーの最大の特徴でもあるヘリウムガスエスケープバルブを装備します。

ROLEX  コスモグラフ・ディトウナ 116505

オイスター、40mm、エバーローズ・ゴールド
オイスターアーキテクチャー
モノブロックのミドルケース、ネジ止めのケースバックと巻き取りのクラウン
直径
40 mm
素材
18 エバーローズゴールド
ベゼル

ウイングクラウン
スクリューダウン、トリプロック三重防水システム
結晶
スクラッチ耐性サファイア
耐水性
防水100メートル

エヴァロスゴールド
モデル機能
ロレックスはピンクゴールドの時計の美しさを保つため、独自のファウンドリー「エバーセース・ゴールド(Everose gold)」に独占18 ctピンクゴールド合金鋳造を制作し特許を取得しました。 2005年に発売された18ctのEveroseは、すべてのロレックスのピンクゴールドモデルで使用されています。

オイスターブレスレット
モデル機能
ロレックスのブレスレットや留め金のデザイン、開発、製作、そして彼らが直面する厳しいテストには高度な高度技術が必要です。また、時計のすべてのコンポーネントと同様に、人間の目による美的コントロールは完璧な美しさを保証します。オイスターブレスレットは、形と機能の完璧な錬金術です。 1930年代後半に最初に導入されたこの丈夫で快適なメタルブレスレットは、幅広くフラットな3ピースリンクが、オイスターコレクションで最も普遍的なブレスレットです。

それはさまざまな機会のために現代の都市住民のための手首の時計を作成します

新しいモンブランスターコレクションは、特に19世紀末から20世紀初頭までのミネソタの優れた時計製造の伝統の優れた時計製造の伝統に触発されており、この瞬間の哲学とユニークな美学から始まります。このコレクションに取り入れて、それはさまざまな機会のために現代の都市住民のための手首の時計を作成します。

    有名な国内俳優として、Pan Yuemingは私たちにとって多くの優れた役割を果たしてきました。何年もの間の浮き沈みの後、パン氏は「ホワイトナイト」の演技で観客を征服しました。時間の浪費により、Pan Yuemingは番組を衰退させましたが、それでも演技において私たちを失望させませんでした。新しいモンブランスターシリーズのコンセプトは、Pan Yuemingにも非常に適していますが、現時点では準備ができていますが、沈黙の後、新しい出発点から再開します。 Mr. Mr. Panおよび2018年の新しいMontblancスターシリーズのフル機能の時計は非常に気質がよく、シンプルでエレガントなスタイルで、モダンな紳士スタイルの白いシャツと縞模様のスーツを着ています。

    2018年製の新しいMontblanc Star Collectionフルレングスウォッチは、ステンレススチール製で、ケースに暖かい金属光沢を与える磨き仕上げのケースを作成しています。 42 mmのケースは丸みを帯びた曲線をしており、現代の紳士の腕時計です。時計の側面から見ると、側面は曲面から見え、美しい水晶レンズ効果を示しています。

    時計の側面にある玉ねぎの形をした王冠には、Montblancの象徴的な六角形の白い星のロゴがエンボス加工されています。
    ラグの両側にある階段状の道路のユニークなデザインは、細部の優雅さと優雅さを際立たせています。
    銀白色のプレートでは、31個の日付番号からなる日付サークルが顔を2つの部分に分割します。黒い外側のアラビア時間マーカーはパネルの外側にあります、そして中央に装飾されたフィレソテーと放射状のMontblanc六角形の白い星エナメルパターンは新しいMontblanc星のコレクションの古典的なデザインと美学を表します。日と月の窓は12時、月の満ち欠けは6時、そして青い柳の形は表面を横切って描かれ、時間を示しています。

    イタリアのフィレンツェにあるPelletteriaレザーワークショップで製造されたブルーのクロコダイルレザーストラップは、時計とマッチしています。シルバーとブルーは、エレガントなスタイルを生み出すために互いに補完し合っています。

    ムーブメントはフラットバランスホイールとヘアスプリングを備えたMB 29.12自動巻きムーブメントを装備しており、フル装備の実用性と42時間のパワーリザーブを提供することができます。透明な時計の裏側にはムーブメントの外観が見え、機械の美しさは時計の裏側から見ることができます。

Montblancは本質的な品質をエレガントな時計に変えました、そしてフルタイム機能は時計の実用的な機能に追加されます。エレガントな形とブランド精神が、この新しいMontblancスターシリーズのフルタイムウォッチで鮮やかに解釈され、現代の紳士に現代的な選択肢を提供しています。

ファーブル・ルーバ レイダー・ビバーク 9000 00.10105.06.45.45

ケース径:48.0mm
ケース厚:18.7mm
ケース素材:チタン
防水性:3気圧 / 30m
ストラップ:レザー、ピンバックル
ムーブメント:手巻き、65時間パワーリザーブ
仕様:時針、分針、スモールセコンド、中央の赤針は1回転につき高度3,000mを表示、サブダイアルは最高9,000mの高度および気圧(hPa)を表示、パワーリザーブインジケーター、日付表示、アルミニウム製双方向回転ベゼル、両面に反射防止加工を施したサファイアクリスタルガラス、スクリューケースバック、アプライドインデックス、夜光塗料が塗布されたインデックスと時針・分針、高度表示用の赤針、ストーングレー文字盤

 ファーブル・ルーバが、スウェーデンの高級アウトドアウェアブランド PeakPerformanceの期間限定ポップアップイベントにて特別展示を行います。

 PeakPerformanceは1986年にスウェーデン北部の街オーレで創業した高級アウトドアウェアブランドです。スキーウェアを中心に、優れた機能性と美しい北欧デザインを併せ持つウェアは日本でも高い人気を誇ります。

 また、ブランドアンバサダーの一人はファーブル・ルーバと同じく日本人フリーライドスキーヤーの楠泰輔氏です。

 本イベントでは自由が丘のポップアップストアにおいて、PeakPerformanceの2018AWコレクションを先行してご覧いただけます。(入場無料)

 ファーブル・ルーバからはPeakPerformanceのウェアに合った極限環境でも高い性能を発揮する機械式腕時計が展示されます。

 冒険を楽しむ世界観を体現する二つのブランドの共演をお楽しみください。

より現代的な外観を与えている青いチタンでできています。

イノベーションはアテネの時計の精神であり、業界のトレンドをリードするためにシリコン素材を応用することで、このブランドが主導してきました。 2019年のジュネーブ展覧会で、アテネの時計はファンに新たな驚きをもたらしました – 航空工学の分野での炭素カチオン材料の高級時計製造への導入、Xシリーズには独特の魅力を与えます。王冠は時計を操作するのをより簡単にします;さらに、ブランドは同じくダイヤルを通して人間の女性と夢の人魚の間で感動的な物語を話すためにミロマナハに加わります。次に、SIHH 2019アテネ時計の新しい時計傑作について学ぶために私達に従ってください。

       この時計のユニークな特徴は、カーボン(Carbonium®GOLD)素材の使用です。カーボンとゴールドのコンポジット素材はカーボンファイバーと金の粒子でできていて、軽くて硬さがあり、見事な大理石の質感と黒と金の波紋の組み合わせがウェーブフローの視覚効果をもたらします。ケースはさらにユニークです。さらに、この時計は、従来の中空X腕時計と比較して、直径が1 mmをわずかに超えています。

       ケースは鋭いエッジ、男性的なラインとより正方形で、より現代的な外観を与えている青いチタンでできています。パワフルで「透明な」ムーブメントは、ムーブメントの継続的なムーブメントの立体的な構造を明らかにしています。それはハートビートの魅力的な美しさのようなものです。スタイリッシュで青い、エーテルのような建築は探索したいという欲求を呼び起こします。

       耐久性や耐衝撃性を損なうことなく、できるだけ取り除くようにしてください。このデザインは内側と外側の境界をぼやけさせ、全く新しいレベルへのくぼみのプロセスを取ります。積み重ねられた幾何学的デザインでは、X字型のアワーマーカーは長方形のフレームを形成し、長方形はリングの中にあります。慎重な切断とくり抜き、複雑な装飾と手磨き、内部と外部の端、境界。

       カーボンカチオン素材でできたケースの表面はつや消し仕上げで、比類のない軽さと素晴らしい大理石の質感を提供します。リューズは時間調整とより簡単な操作のために初めて装備されています。カーボンカチオン材料の使用は、ブランドの技術革新の精神も反映しています。完全に次世代のカーボンコンポジット材料で作られているこの材料は、科学研究で見られる最も強力で最も耐久性のある材料の1つであり、非常に破壊的であるだけでなく、技術と技術の両方において画期的です。

       湾曲したケースは、直径を45mmから43mmに減らすように再設計されており、よりコンパクトです。真新しい、自走式のCarrouselストリップムーブメントは、ダイヤルなし、手なしで、それぞれの軸を中心に回転します。中央のブリッジは分針の表示に使用され、ムーブメントの内側のギアは時を表示するのに使用できます。ムーブメントはまだ飛行カルーセルストリップムーブメントで、時間を表示するために1時間に1回転します。さらに、スーパールミノバ発光コーティングがタイムスケールとブリッジに適用され、全体的な効果がより明確になります。

ジャガー・ルクルト 101 Reine Q2812204

ジャガー・ルクルト 101 Reine Q2812204

Ref.:Q2812204
ケースサイズ:18.35×6.80mm
ケース厚:5.47mm
ケース素材:18Kピンクゴールド、ケースとブレスレット合わせて110個(11カラット)のダイヤモンドをセッティング
ストラップ:18K ピンクゴールド
ムーブメント:手巻き、Cal.101/4(ジャガー・ルクルト製)、毎時21,600振動、33時間パワーリザーブ
仕様: 時・分表示 、オパール仕上げホワイトダイヤル

  ジャガー・ルクルトは映画界との特別な結びつきを築き、映画文化の振興に力を入れていますが、 本映画祭においても、長きにわたり新たな映画製作技術の創造と発展に貢献するすべての才能を支援しつつ、貴重な遺産保護も推進しています。また、英国出身の著名な俳優であるヴェネディクト・ カンバーバッチもジャガー・ルクルトのグローバル・ブランドアンバサダーとして今回の本映画祭に参加し、現地で数々の有能なクリエイターやスター達を祝福しました。

  日本からは、2017年に引き続きファッションモデルの森星(もり ひかり)さんを本映画祭にゲストとしてお迎えし、8月30日(現地時間)に行われたレッドカーペットにおいて、星さんに着用いただいた時計は、ジャガー・ルクルトの新作モデル「101 レーヌ」。このタイムピースは、優れた時計製造と卓越したジュエリー製作技術を融合したジュワイアリー 101 コレクションのひとつであり、今回の ヴェネチア国際映画祭に合わせてジャガー・ルクルトが創り上げた特別なモデルです。中でも 101 レーヌは、未だに世界最小ムーブメントとしての地位を守り続けているキャリバー 101が搭載され、18Kピンクゴールドのケースとブレスレットに110個(11カラット)のダイヤモンドがジュエリー職人の手によって丁寧にあしらわれた最高傑作です。繊細でありながらきらびやかな光りを放つ101 レーヌが星さんの手首を飾ることで、このヴェネチア国際映画祭が選ばれた人たちにとっての特別な場であることを印象付けた瞬間でした。

A. ランゲ&ゾーネ ダトグラフ・パーペチュアル・トゥールビヨン 740.056

A. ランゲ&ゾーネ ダトグラフ・パーペチュアル・トゥールビヨン 740.056

Ref. 740.056
ケース径:41.5mm
ケース厚:14.6mm
ケース素材:ホワイトゴールド
ストラップ:ダークブラウンの手縫いアリゲーター、ホワイトゴールド製フォールディングバックル
ムーブメント:手巻き、Cal.L952.2(ランゲ自社製、ランゲ最高品質基準準拠、手作業による組立ておよび装飾、五姿勢調整済み、素材の特性を生かした洋銀製の地板および受け、ハンドエングレービング入り中間車およびトゥールビヨン受け)、59石(うち1石はダイヤモンド受け石)、ビス留め式ゴールドシャトン 5(うち1石はダイヤモンド受け石)、毎時18,000振動、50時間パワーリザーブ(完全巻上げ状態)
仕様:時、分およびスモールセコンドによる時刻表示、特許技術ストップセコンド機能搭載トゥールビヨン、プレシジョン・ジャンピング・ミニッツカウンター搭載フライバック・クロノグラフ、タキメータースケール、アウトサイズデイト、曜日・月およびうるう年表示付き永久カレンダー、デイ・ナイト表示、ムーンフェイズ表示、パワーリザーブ表示 操作系 ゼンマイ巻上げおよび時刻調整用リューズ、クロノグラフ操作用ボタン2個
限定:100本

 ブラックダイヤルにプラチナケースを収めた100本限定の第一弾に続き、ホワイトゴールドケースにピンクゴールドダイヤルを組み合わせたこの新バリエーションも製作数100本の限定モデルです。直径41.5 ミリのホワイトゴールド製ケースとロディウム仕上げのゴールド製針とアプライドインデックスが醸し出すクールな印象を、温かみのあるピンクゴールドカラーで和らげています。A.ランゲ&ゾーネでは、コレクションのモデル数をあえて増やさない方針を取っていますが、その中にあって、このモデルはコレクションに心地よいニュアンスを添えてくれます。

 ランゲ自社製キャリバーL952.2 ムーンフェイズ、曜日および月を調整するには、三つの埋込み式調整ボタンを操作します。カレンダー表示要素すべてを一斉に進めるのは、10時位置のワンタッチ調整ボタンです。サファイアクリスタルのシースルーバックからは、729個の部品で構成される自社製キャリバーL952.2が見えます。その複雑極まるムーブメントの隅々にまで手作業で施された美しい仕上げ装飾は、機械式時計製作技法の限界を何度も定義し直すA.ランゲ&ゾーネの気概を反映するものです。